仲介と買取りの違いとは?

MENU

仲介と買取りの違いとは?

不動産について、仲介と買取りというものがありますが実際はどのように違うのか、
どちらが有利なのか考えてしまいますね。

 

仲介は文字通り売る側と買う側の間に不動産業者が入ってもらい、
売買に関する話や手続きをまとめてくれる役目をしてくれます。

 

しかし、この場合は買い手が既に決まっているもしくすぐに見つかれば良いですが、
そうでなければ計画通りに不動産を売却できず時間がかかる場合が多いです。

 

また、仲介手数料というものが発生し金額としては売却した価格の3%にプラス6万円と消費税分の金額がかかってしまいます。

 

買取りの場合は買い手が不動産業者ですからいつまでも売れなくて困るということはありませんので、
急いでいるときや確実にまとまった金額をすぐに欲しいという方には便利ではありますが、
不動産業者は手に入れた不動産を転売という形で利益を上げますから、
どうしても買取り金額は低めの設定になってしまいます。

 

そのため、便利ではありますが少しでも高く売りたいと考えているのであれば、
時間が許せるのであれば仲介という形を選ぶと良いとも言われています。

 

しかし、仲介も買取りもそれぞれメリットとデメリットはありますから、自分の状況と照らし合わせて選ぶことが重要でしょう。
仲介を選んだ際は、不動産査定を行ない査定価格と実際の希望金額とのすりあわせを行い売り出し価格の決定をします。
そして情報を公開し広告を出すのですが、一定期間売れなければ定期的な価格設定の見直しが必要でしょう。