指定流通機構とは何か

MENU

指定流通機構とは何か

前項に紹介をされていた中で指定流通機構というものがありましたが、
これはどのようなものなのかここでもう少し詳しく紹介をしてみたいと思います。

 

これは国が指定したもので一般的にはレインズという名前で呼ばれています。
日本に4つあり、それぞれ独立をしていますが、自分の管轄する不動産に関する情報を交換し合い不動産売買の手助けを行なっています。

 

このレインズによる情報交換で一年間に十万件もの不動産売買が行われていると言われています。
もう少し詳しく紹介をしていきましょう。不動産の情報交換の行われている内容の中身は何かというと、

 

不動産業で不動産の売却の依頼があった場合、不動産の情報がレインズに登録をされることとなります。
そして、レインズはその登録された不動産情報を全国の不動産業者に公開することで、
必要としている買い手をスムーズに探し出すことができるようにしています。

 

この不動産情報ですが、守秘義務があるため不動産業者は情報確認をすることができても、
私達一般人には知ることができません。

 

売り出し物件の他に、物件が無事に売却できた時にも不動産業者は実際の取引価格などの情報をレインズに報告することが義務つけられています。

 

その情報を同様に不動産業者へ公開することで他の不動産業者は不動産の相場として参考し査定価格を考慮するのです。
これは、不動産の売買が適切にかつ透明性をもって健全に行なわれることを支援する役目も担っています。