不動産業者と宅建取引業者は違う?

MENU

不動産業者と宅建取引業者は違う?

不動産査定を行なうなかで、多くの方が同じような感覚として理解をされているものの中に宅建業者があります。

 

この宅建業は同じように見えても実は内容が違うため区別をされています。
違いをしっかりと理解するためにも、宅建業とはどのようなものであるのか説明をしてみたいと思います。

 

宅建取引業者と呼ばれ、不動産業者が不動産に関するあらゆる仕事を行なうに対して、
宅建業者は流通面の売買と仲介のみを行い賃貸や管理は含まれていません。

 

しかし、注意する部分として、物件の大家からの依頼での賃貸の仲介はかのうではあるのですが、
自社が賃貸を行なうような行為は範囲外になっています。

 

宅建業の免許は国や都道府県から交付をされていますが、有効期限があり5年間ごとの更新があります。
その中で宅地建物取引主任者と呼ばれる人がいます。

 

この人はどのようにして呼ばれるのかというと、試験により合格し資格証を受けた人が名乗れる資格です。
一度は聞いたことがある資格名ではないかと思われますが、実際にどのような仕事をするのかというと、
物件に対しての契約内容などを説明することや契約内容の記載内容を確認し、
サインや押印を行なう契約のための一連の行為は、この宅地建物取引主任者しか行なえないと決められています。

 

そのため、不動産業者がきちんと宅建業のための免許をもらうためには、
宅地に関する専門知識を持った資格保持者を一定基準の人数を配置しなければならないと定められています。