専任媒介と一般媒介の違い

MENU

専任媒介と一般媒介の違い

不動産売却の広告を見ていると、専任媒介と一般媒介という言葉があることに気がつきます。
このふたつはどのような違いがあるのでしょうか。

 

専任媒介はひとつの不動産業者との契約となり、他の業者へ仲介の依頼は行なえません。
仮に違反をしてしまった場合は違約金というものが発生します。

 

その他に業者は定期的に半月に一回以上は状況の報告をすることが定められています。
同じようなものに専属専任媒介契約というものがありますが、
この場合は自分で買い手希望者を見つけても契約違反となるようです。

 

対して一般媒介はいくつかの不動産業者に仲介の依頼を行なうことができます。
その際は仲介契約を行なう不動産業者の名前を明確にしておくことが必要です。
また、契約期間ですがそれぞれ3ヶ月となっており、申し出により延長が可能です。

 

では、どちらの方法で仲介をしてもらうことが良いのでしょうか。
不動産業者にとってはやはり専任媒介の方が利益は上がります。

 

一般媒介であれば、他の同業者に成約をされる可能性がありますから広告費を出しても契約ができず利益が上がらない可能性があるからです。

 

そうすると、専任媒介で確実に成約ができる分宣伝にも力が入れやすくなります。
不動産業者の対応や営業力も左右をされるかとは思いますが、
きちんと宣伝をしてくれる業者であれば専任媒介の方がいう話もありますが、
物件が人気である等は問い合わせが多い一般媒介がメリットがあるという場合もありますので、よく検討をしましょう。